二重整形の費用が知りたい【実例を写真で見せてくれる】

女性
  1. ホーム
  2. 理想の目を作り出す方法

理想の目を作り出す方法

カウンセリング

手術の種類と特徴

二重の整形手術を受けるにあたって、まず知っておくべきことは、整形手術の種類と費用についてです。手術内容については、大きく分けて二つの方法があります。一つが埋没法、もう一つが切開法と呼ばれる方法です。埋没法とは、メスを使わないで行う手術のことです。特殊な糸を使って二重のラインの両端を肌に埋め込み、自然なラインを作り出します。メリットは、費用が安いこと、そしてやり直しがきく、ということです。万が一、気に入らない仕上がりになった場合には、糸を外すことで元通りにすることが出来ます。リスクが少なく、より自然な仕上がりにしたい人におすすめの方法です。もう一つの切開法は、メスを使って直接肌に切り込みを入れるという方法です。二重にしたいラインを、直接皮膚を切って作り出すことで、よりハッキリしたラインにすることが出来ます。メリットは、一度手術を行えば、永久的に効果を持続させられるという点です。しかし反対に、やり直しが効かないということにもなりますので、シミュレーションをしっかり行っておくことが大切になります。また、埋没法よりも費用は高額になります。また、麻酔が切れたときに、痛みを生じる場合が多く、ダウンタイムが長いという特徴があります。このように、二つの手術のメリット、デメリットをそれぞれ理解した上で手術を受けることが注意点の一つと言えます。また、どちらの手術を行うに当たっても、当日、そして術後医師に定められた期間中は、コンタクトやメイクは禁止になりますのでしっかりと守りましょう。これらのことを注意することで、感染症を防ぎ、正しく効果を持続させることが出来るようになります。さて、具体的費用についてですが、埋没法はおよそ10〜20万程度、切開法はおよそ20〜30万程度の費用がかかります。健康保険が効かない手術となりますので、クリニックによって値段設定が大きく異なります。そのため、クリニック選びもとても重要となります。クリニックを選ぶ際には、行っている手術の方法や料金、実績や口コミなどを参考にしましょう。単に安いから、という費用の面だけで決めてしまうと、あとで後悔してしまう可能性が高くなります。また埋没法の場合、術後に糸が取れてしまうという危険性もありますが、保障内であれば無料で手術のやり直しをしてくれるというクリニックもあります。そのようなサービス内容についてもしっかり調べておくことで、術後も安心して過ごすことが出来ます。アフターケアの内容や保障内容も考慮し、慎重にクリニック選びを行いましょう。一昔前に比べて、整形手術というのはとても敷居が低くなってきました。ファッション感覚、メイク感覚で手術を行う人も増えてきていますので、怖がらずコンプレックスを抱えている場合は積極的に利用してみましょう。また、手術方法の中でも切開法は二重だけでなく、腫れぼったい目や、垂れ下がったまぶたを解消出来るというメリットもあります。目の皮膚が重たいと、暗い印象に見えてしまいますが、切開法ではメスを使って、二重のラインを作り出すと同時に余分な瞼の皮膚も切除することが可能です。このようなコンプレックスを抱えている人にとっても、二重の整形手術はおすすめです。ぜひ活用しましょう。